タグ:#電子書籍

小さい時にこの時期になると、よくTVで寅さんのCMが流れてました。

映画はカッコいい人の出る者と思っていた私には「何でこんなどこにでもいるおじさんが主人公で人気あるんだろう?」と不思議で仕方ありませんでした。 



私が20歳の誕生日の日に渥美清さんはお亡くなりになります。

それまで前人未到の記録を打ち立て続けてきたシリーズは全てここから始まりました。



続きを読む

この手の文章術的な本を読むのは大学生の時以来ですね。。。
論文を書く為に何冊か読みました。

自称作家のくせに読むのかと思われるかもしれません。
自称でも作家だからこそ読むのです。

 
 地球上の生き物で何かを書いて伝える事ができるのは、人間だけです。
その能力を是非向上させたいものですね。。。
 続きを読む

あまり目立たないのか指摘されないのか、私は吃音です。

幼稚園に入る前後くらいから母に「何どもってんのよw」と言われ、意識するようになりました。

以来、私の中で「どもり」「吃音」は誰かに相談したいけど相談できないテーマになっていました。

医師で吃音、いや吃音で医師なのか。

本書が気になり、手に取りました。

 
 続きを読む

↑このページのトップヘ